042-677-6184

営業時間 9:00〜17:00

買取依頼はこちら

査定価格が気になる方は事前見積をどうぞ。

買取実績

お買取の現場から、
最近のお買取内容を紹介いたします。

(※買取価格はその当時のもので、時期によって変動する場合があります。)

医学書 認知症 (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)を買取致しました。

買取価格850(2018年06月30日)

今回は医学関連の書籍を買い取りさせていただきました。

医学書を含む専門書は通常、定価がとても高いのですが、中古品でお求めになれば貴重な書籍をお安くお買い求めいただくこともできます。その状態が良ければなおのことお得ですよね。

今回は、沢山の医学書の中からこちらの一冊を紹介させていただきます。

「認知症 (アクチュアル 脳・神経疾患の臨床)」(2012年2月 発行)

こちらも定価は決して安いとはいえない専門書ですが、中古品ということでお求め安い価格となっております。とはいえ、状態が非常に良いこと、人気が高く比較的新しい本であることから、良い査定額をつけることができました。

内容ですが、副題に「神経心理学的アプローチ」とあるように、認知症を脳の機能(神経)と、それが精神機能に及ぼす影響や関連性について重点をおいた神経心理学を主軸として捉える内容となっております。Amazonの書籍紹介では「これまで類書がほとんどなかった」と記載されていますが、確かに脳の機能の病理(大雑把な言い方ですが)が原因の認知症が精神に及ぼす影響は多大であるはずなのに、認知症理解というと対処療法的な、どちらかというと予防というよりも、罹患後の日常生活上での対策に重きをおいた本の方が今まで多く出版されてきたような気がします。どちらかというと、「治療」を伴う医学的な見地からというよりも、高齢者が患う「介護」を伴うものとして社会福祉の分野で取り扱われることが多かったイメージです。

こちらの書籍では、まず認知症の診断から始まり、認知症をきたす疾患を個別に紹介、次に認知症による症状、治療方法が挙げられています。

最後に実際の事例も3例ほど挙げ、それぞれのケースについてのポイントが記載されています。

それぞれの章でもポイントがまとめられているため、ビジュアル的にも見やすい内容になっていると思います。

 

自分の家族・知り合いがいつ当事者になるか分からない認知症。専門書で学ぶ必要まではないかも知れませんが、いざというときのために素人でも参考になる部分があるのかも、と思いつつ紹介させていただきました。

今回も沢山の良書をお譲りいただき、ありがとうございました!

一覧はこちら


PageTop